/

SaloneSatellite2013
Exhibition
2013
Exhibition : Salone Internazionale del Mobile

ひとつの家具から要素を抽出して別の家具に結びつけていく。
4m×4mという小さな空間に異なる3種類の家具で調和を持たせることを考えた。
2450の要素はシンメトリーであり、無数であり、無彩色である。
その正反対の要素は、アンシンメトリー、単一、有彩色である。
これらの正反対の要素のインスピレーションからDsessをデザインした。
また2450が白と透明の同じ形の2脚で構成されている点からDressには
正反対のシーンを与えようと考え、Massiveをデザインした。
2450が同様の2脚での構成に対して、DressとMassiveは異なる2脚での構成となっている。

Copyright 2008-2015 Junpei Tamaki All rights reserved.